HOME » フレーズ検索

フレーズ検索

無料メールマガジン「英語の生活マガジン」の過去の配信フレーズを検索できます。

英単語フレーズ検索:
日本語フレーズ検索:
(ポーカーなどで)おりる。
トランプでは特別な言い方が色々あります。勝ち目がなさそうなときは「I fold.(おりる)」と言います。逆におりない場合は「I'm in.」と言います。
やるじゃん!
この言い方を知らないと「Where do you go?」と聞き間違いやすいですが、よく使う一言です。「大学に受かった」、「婚約した」など祝いすべきことを言われたりすると「Way to go!(やるじゃん!)」と言います。もしくはテレビで応援しているチームがホームランを打ったりするとリビングで立ち上がって「Way to go!」と叫んだりもします。応用範囲が超広いです。
確定申告をやらなきゃいけない。
「確定申告」は「tax return」と言います。「確定申告をする」は簡単に「do (my) tax return」と言います。「my」のところを「your / his / her」などにもできます。例えば「Did you do your tax return this year?(今年の確定申告はもうしましたか?)」、「You have to do your tax return by March.(3月までに確定申告しなきゃいけない)」など。
保険入っている?
「保険」は「insurance」という名詞もあって、「Do you have insurance?」とも言いますが、今回はより知られてない言い方の「Are you insured?」も覚えておきましょう。どちらもよく使います。「be insured」は「insure(動詞)」の受動態です。直訳して「保険をかけられている?」と変な日本語ですが英語では普通です。「for 〜」を付けて応用することもできます。例えば「I'm not insured for earthquakes.(私の保険では地震が対象外)」など。
久しぶり!
「久しぶり!」という挨拶は「Long time no see!」と言います。このまま覚えましょう。文法的にはとんでもなくダメな英語ですが本当によく使う表現です。元々は中国語の直訳らしいです。
お邪魔じゃないといいんですけど。
「interrupt」は「邪魔する」、「話に割り込む」という意味です。例えば「Don't interrupt.(話に割り込むな)」など。「I hope +文」は「〜だといいな」、「〜だといいんだけど」という言い回しです。文が丸ごと続くということは時制を意識しないといけないのです。この場合は「今」を表す進行形です。そして否定文なので「(今)お邪魔じゃないといいんですけど」という意味になります。話している人たちに話しかけるときにこれを使って先に確認すると礼儀正しいです。
IDチェックをくらった。(身分証明書を見せさせられた)
「I got asked for ID.」ともよく言います。「be+過去分詞」、「get+過去分詞」は「〜される」と受身な言い方です。「I got asked for ID.」も「I got carded.」も受身ですが「card」を動詞として使っているのは面白いですね。身分証明書は「ID card」もしくは「ID」と言います。「card」を動詞として使う場合は「身分証明書を見せるように要求する」という意味になります。例えば「They're not gonna card you.(IDチェックはされないでしょう)」、「They don't card.(あの店はIDチェックはないよ)」など。
夜はこれからだ!
直訳すると「夜は若い」ですが、よ〜く使う言い方です。「The night is still young.」とも言います。例えば「楽しかったね」と帰りそうな雰囲気で言われて「The night is still young!」。例えば「今日は女の子と出会えなかったね」と諦めている雰囲気で言われて「The night is still young!」など。
彼女が心を開き始めた。
「be starting to +動詞」は「〜し始めた」、「〜しつつある」という意味です。例えば「It's starting to rain.(雨が降ってきたね)」、「I'm starting to like him.(彼のことが好きになってきた)」など。そして、「open up」は「心を開く」という意味で使います。例えば「You need to open up more.(もっと心を開かないと!)」、「I can't get him to open up.(彼に心を開いてもらえてない)」など。
何って名づけるの?
「name(名前)」という名詞もありますが、「name(名づける)」という動詞もあります。例えば「I'm gonna name him Nic.(Nicと名づけるつもり)」、「I was named after my grandfather.(おじいちゃんの名前を引き継いだ)」、「We can't decide what to name our new product.(新商品をどういうネーミングにするかは決まらない)」など。
ページTOP